きゃしの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

天国と地獄

ではなく、『天使と悪魔』です。
見に行きました。
やっぱり本のほうが格段にサスペンスフル&エモかなぁ、と。
まあ、なかなかあの内容をすべて映像化できるわけもなく。
原作に出てくる(意外と重要な)キャラクター3人ほどバッサリだったし。
期待していたほどイーアン(の役)もクロースアップされていなかったような。(涙)
本を読んでいない相方は(映画)『ダ・ヴィンチ・コード』より面白かったと言ってました。
本を読んでみたくなったけどオチを知っちゃったからなぁ、とお悩み中。

本が映画化されて、しかも原作がとても面白かった場合、大抵映画を見てがっかりすることが多いような気がします。でも違いを探すのも楽しいかも、と最近思うようになりました。

にしても、逆パターンで映画を本にしたものを読んだんだけど、んまぁ~失敗したなぁ。
映画としてはもしかして面白いのかもしれないけど・・・
ちなみに "Underworld" シリーズです。
OK OK it was only 900 yen!

好きな本、作者を探す旅は続くぅ~。
スポンサーサイト

未分類 | トラックバック:0 |

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。