きゃしの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ある意味、介護?

2泊3日で(住んだことのない)実家にお泊り。
家族全員留守のため、16歳近い老犬の面倒を見ることに。
一日2回の食事と3回のお散歩。←なんて恵まれた犬だっ。(笑)
にしても、朝が早くて早くて・・・
お陰様で久しぶりに『まともな』生活リズムを味わいました。

昔は庭を走り回り飛び跳ねまくってたウチのわんちゃん。
今では目はほとんど見えなく、耳も遠い、鼻も悪そうだし、よく寝てる。と思いきや、急に起き上がって徘徊。物にぶつかったりしています。
若い時は外犬だったけど、今は家の中。そしてペット用のオムツ着用。
背骨が曲がり後ろ足に力が入らないみたいで、お散歩の時は超ヨボヨボ。
思わず『頑張れ。あともうちょっと。』と声をかけてしまうほどです。

でも、食事の時は気合が違います。
お散歩が終わると以上にそわそわして元気になるウチの老犬。ご飯の時間だって知ってるから『早くしてくれぇ~!』とばかりに、さっきまで超よぼよぼだったのが、ジャンプします。
えぇぇぇぇ~!みたいな。食い意地張り過ぎじゃないですか、おばあちゃん・・・
しかも、ボケているのか、食べ終わってちょっと経つと、『あれ?きゃしさん、私のご飯はまだかね?』と言わんばかりのストーカーぶり。軽快な足取りで私のあとを付きまといます。
『何言ってるんですか?!さっきあげたじゃないですか、おばあちゃん!』と何かのメロドラマみたいな感じで。
でもこの食欲がなくなったら最期なのかなぁ、と。

この3日間でいろんな珍事件がありましたが、歳をとるのは犬も人間も同じ。(とり方も。)
老いるのって大変だなぁ、と痛感。本人もそうだけど周りも。
みんなで支え合っていかないとね。
まあ、もう少し頑張ってくれ、ズーチン。
スポンサーサイト

未分類 | トラックバック:0 |

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。