きゃしの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

お暇な私の脳みそ

ヴァンパイアが出てくるお話が大好きな私。
ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』(まぁ、classic)、菊地秀行の『吸血鬼ハンターD』(英語版があったので、とりあえず1~3を読みました)、アン・ライスの本全部、etc etc
そして、遂に、児童書までに手を。(バーコードのシールに『絵本・児童書』だってさ。)
映画にもなってるしぃ、いいかな、と恥ずかしいながらも本屋でステファニー・メイヤーの『トワイライト』をささっと購入。
ブラム・ストーカーの本に比べれば、とてもとっても読みやすい。 (Yeah, right, it's a 児童書。)
英語で言うと trash literature 『ゴミ文学』。空港とかに置いてあるちゃちゃっと読めるような本。
主人公は高校生の女の子と美男子ヴァンパイア。お話もホラーの要素はほとんどなく、どちらかと言えばロマンス?中学生が読んでキャーキャー言うような。(小学生にはちょっと・・・)
ってことは、私の頭の中は中学生です。
読みながらキャーキャー言ってしまいました。
なにかが足りないのかしら、私?hahaha
せめて3Dの世界で騒ごうよ、みたいな。
アニメでも漫画でもなく、活字でキャーってぇ・・・
あっぱれ、私の想像力っ!

この本、シリーズになってるらしい。
続きを買わないと。(笑)
ちなみに映画のほうは血やら肉やらドバ~っ、とホラー・サスペンスに仕上がっているとか。
美男子ヴァンパイア役のロバート・パティングソンも、本の表紙を見る限り、カッコ良さそうだし、映画も見ようかと。3Dにしないとね、私の妄想。


それよりもプリプロの曲のメロディーと重ねを考えろって???

スポンサーサイト
未分類 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。